ラクトフェリンはアレルギーに効果があるの?

ラクトフェリンとはミルクなどに含まれるタンパク質の一種で、抗菌作用や免疫を高める作用があるといわれています。よく「母乳は赤ちゃんの免疫を高める」といわれますが、母乳にラクトフェリンが豊富に含まれているのが理由です。

母乳に含まれたラクトフェリンによって赤ちゃんの腸内に善玉菌が増え、免疫力の弱い赤ちゃんの腸内に悪い細菌が増えるのを防いでくれるのです。

免疫力アップ効果が期待できるラクトフェリンですが、アレルギー対策にも効果が期待できます。ラクトフェリンを摂取することで、腸内に善玉菌が増え、アレルギーの原因となる物質の吸収を抑えることができるのです。

さらに、アレルギー症状を引き起こす免疫の暴走を抑える効果もあるといわれています。アメリカのアレルギー内科ではラクトフェリンのサプリメントを処方しているところも少なくありません。

しかし、注意が必要です。アレルギー対策になるラクトフェリンですが、サプリメントはミルクから生成されることが多いようです。そのため、ミルクアレルギーの方は摂取を控えるようにしてください。

 

機能性表示食品が多くなった今虚偽の表示を取り締まって欲しい

特定保健用食品や栄養機能食品とは違って事業者の責任で、商品パッケージに機能性を表示するものとしたものを機能性表示食品と言います。特定保健用食品とは違って、国が安全性と機能性の審査は行っていません。機能性表示食品は新商品を開発、販売する企業がその魅力に気づき多く今日届けられるようになりました。

ただ、最近は簡単に申請出来るようになったため、虚偽の申請も問題になっています。消費者は食品の表示を見て購入出来るようになったため、鵜呑みにしていトラブルになることもあると思います。

そんなときは消費者が相談できる窓口を明確にして、素早く対応して欲しいです。現在サプリメントが多く販売されている中、少しでも多く高濃度な成分が含まれいると唱う販売元が現れています。

消費者は、身体のために少しでも純度の高い良い商品を求めているので、機能性表示食品を利用して虚偽の表示で消費者を騙すような行為は絶対にやめて欲しいものです。

 

オリゴ糖が含まれるラクトフェリン製品が推奨される理由

東京地域では、様々な会社がカラダに関する研究を行っています。その結果、薬店などでポジティブな効果が期待できる製品も販売されているのです。

中でもラクトフェリンなどは、多くの方々が高く評価しています。それはお腹の中を改善してくれる力も大きいからです。もしもお腹の調子が気になる時には、ラクトフェリンを検討してみてください。

それでラクトフェリンには、様々なタイプがあります。各製品により特性も異なる訳ですが、含まれている成分などもそれぞれ異なるのです。例えば栄養分などが含まれているか否かという違いがあります。お腹の中でラクトフェリンなどの菌類が活躍できるか否かは、オリゴ糖に左右される事も多いです。その糖分は、菌類の栄養分になるからです。

基本的にオリゴ糖が含有されている製品は、それなりにお腹に対して効果的に働きかけてくれる傾向があります。善玉菌なども増やしてくれる効果は見込めますから、オリゴ糖には着目してみると良いでしょう。