腸内環境は腸内細菌の割合で決まる

腸内には健康維持や老化防止など、体に良い働きをしてくれる善玉菌と病気の原因になってしまう悪玉菌と普段はいい働きも悪い働きもしないけれど、腸内の善玉菌か悪玉菌のどちらかが多くなると強い方の味方になる日和見菌の3つの菌が存在しています。

腸内環境が整っている状態は、悪玉菌より善玉菌の割合が多い状態のことです。腸内環境は生活習慣の乱れで簡単に悪くなってしまいます。腸内環境を整えるには食生活の改善と適度な運動が重要になってきます。

食生活は悪玉菌の好む動物性たんぱく質や脂肪を多く含む肉類を摂りすぎないこと、善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖を多く含む食品を積極的に摂取することを心がけましょう。腸内環境を改善するサプリも有効です。

不溶性食物繊維は水分を吸収して便の量を増やし大腸を刺激して腸の蠕動運動を盛んにしてくれます。適度な運動はウォーキングなど手軽にできるものを始めると運動不足を解消することができます。すぐに効果が出ることは期待しないで気長に続けていくことが大切です。

 

カルピスは乳酸菌の研究に役立っています

カルピスは、乳酸菌と酵母で作られた「カルピス菌」で、脱脂した生乳を発酵させるという自然な方法で作られた発酵食品です。カルピスでは、長年の乳酸菌の研究を生かして、何種類かのサプリを発売しています。

特に、『アレルケア』に配合されているL-92乳酸菌は、普通の乳製品からの摂取が難しい乳酸菌です。乳酸菌には、整腸作用・抗菌作用・抗がん作用・免疫増強作用などさまざまな働きがあります。

L-92乳酸菌は、体の中から作用してバランスを整えてくれる特別な力があることが分かっています。様々な刺激で体調を崩しやすい方をサポートしてくれます。また、カルピスの素となるカルピス酸乳にも健康成分が含まれていることが分かっています。

中高年の加齢に伴う健康リスクに対して、体の中からしなやかにしていくことでサポートしていきます。このように、カルピスの研究は、飲料としてだけではなく、健康補助食品にも役立っています。みなさんも健康維持のために、体の中からやさしく作用する乳酸菌を取り入れてみませんか。

 

免疫力をアップするのにサポートするもの

免疫力をアップするのにサポートしてくれるものに、納豆があります。納豆にはナットウキナーゼという成分が入っていて、血栓溶解作用があり脳梗塞や心筋梗塞等の予防効果があります。血管に付着したコレステロールや脂肪等を洗い流して、血管を綺麗にしてくれます。

血液が綺麗になると、免疫細胞が活性化します。呼吸方法によって自律神経を整える事が出来て、自律神経のバランスが崩れると免疫力が低下してしまいます。

自律神経を整えるには、深呼吸を心掛ける事です。お風呂も免疫力をアップする事が出来て、41℃の温かめのお湯で30分入浴をします。芯から身体を温める事が、免疫力をアップに繋がります。シャワーだけで済ませてしまうと、身体の芯まで温まるには難しいです。

このため、シャワーだけで済ませないで免疫力をアップさせるには浴槽に浸かるようにします。この温度でこの時間で入れない人は、39℃で半身浴を行うとじんわりと体が温まってきます。