1枚はあるとおすすめ!キャッシングの裏ワザとは

キャッシングって言うと「お金を借りている」ので、あまりいいイメージを持っていない方も多いかもしれません。でも実はおすすめの裏ワザがあるんです。こ れを知っていると、無駄な出費を抑えられるかもしれません。銀行のATMは時間外ですと、手数料を取られることがありますよね。108円だったり216円 だったり、提携ATMの場合は少し高いですね。例えば金曜日の夜に飲み会に誘われて、ATMで2万円おろしたとしましょう。

手数料が216円かかってしまいました。昼間なら手数料かからないのに・・・とちょっと損した気分になった方は多いのではないでしょうか? ここでおすすめなのは消費者金融のカードでのキャッシングです。プロミスの金利と審査は魅力的です。ファミリーマートや三井住友銀行のATMだと、なんと手数料無料で借り入れができます。2万円借りると年利が18%なら、1年間で3600円かかります。

これを1日あたりにするとわずか10円です!月曜日の銀行のATMが手数料無料の時間に引き出して全額返済すれば、3日間借りても30円のコストで済んで しまうのです。預金を引き出すよりキャッシングのほうがコストがかからず済んでしまうんですよね。驚きの仕組みです。差額は170円程度ですが、何回も同 じようなことがあればそれだけ差は開きます。この裏ワザを覚えておいて損はないと思います。プロミス以外にもATM手数料無料の金融会社はあるので、探し てみると良いですね。

プロミスの歴史について書きます

プロミスはかなり長い歴史のある会社として知られています。その会社はいまから50年以上前に関西で設立されたところから歴史がスタートしています。設立 以来革新的なサービスを次々に開発することによって、消費者のニーズに応え続けています。消費者が求めていることをしっかりとマーケティングすることに よって、お客さんにとって便利なサービスをすることに成功しています。

住宅ローン関連のサービスなどを行っていましたが、ある時から個人向けのローン事業に経営資源を集中しています。国内における個人向けの融資の他にも海外 向けのビジネスの転換も将来的には視野にいれています。2012年の4月1日には国内の大手銀行の一員となっています。プロミスはお客さんの利益を第一に 考えてサービスを提供することを心がけています。また、同社は企業の社会的な責任を担う一員として健全な金融の在り方を教育しています。

会社のある地域の人々と交流することによって、地域社会にとけこむように努力しています。2012年7月にはプロミスを「SMBCコンシューマーファイナ ンス」に商号変更しています。同年8月には中国の深セン市にて「Promise Consulting Service」を、2013年3月には中国・天津市に「PROMISE」を開業するに至っています。このことから、この会社はかなりグローバルにビジネ スを展開していると判断することが出来ます。今後は更に事業を拡大していく方針を掲げています。